ホーム > タチエスの取り組み > インタビュー > ダカールラリー 菅原親子(日野チームスガワラ)

ダカールラリー 菅原親子(日野チームスガワラ)

ダカールラリー 菅原親子(日野自動車)
ダカールラリーで、タチエスチューニングのシートを長年ご使用いただいていますが、どのようないきさつでご愛用いただくようになったのですか?

菅原 義正様 当初はシェルタイプという座面が固いタイプのシートを使っていたのですが、車の振動が直接伝わってきてしまい、乗っていて痛かったんですね。そこで、タチエスさんに、他社のシェルタイプシートの上に座り心地の良いハンモックタイプのシートを重ねられないかと相談し、チューニングしてもらうようになりました。その流れで、ダカール専用のシートを試行錯誤しながら作ってもらうようになりました。

基本的にラリーに出場する際の装備は、国際自動車連盟(FIA)に公認されたものでなければならず、シートはシェルタイプと決められています。ただ、走行時間の短いWRC(世界ラリー選手権)や、きれいに舗装された道路を走るF1を想定して認定されたシートでは、長時間、荒野を走り続けなければならないダカールラリーには合うはずもなく、ずっと違和感を抱いていました。

ダカールラリーに出場している他チームは、どういったシートを使っているのですか?

菅原 照仁様 自分でクッションを足すなど、多少は加工しているチームもありますが、基本的にはFIA公認のメーカーが作ったシェルタイプのシートをそのままを使っているようです。それは、日本チームも外国チームも変わりませんね。

菅原 義正様 多くのレーサーはFIA認可のシートを使わないと車検に落ちてしまうので、 自分で工夫してクッションを作っています。自動車で一番大切なのは、地面に接している部分=タイヤです。同じように、車の中で人間が一番触れている部分がシート。選ぶシートによって、その後の疲労感や操縦安定性がまったく異なります。それだけ重要な部品だと思っています。
そのこだわりから、タチエスさんにはいろいろなリクエストを出し、無茶な要求にも応えてもらっています。

ダカールラリー
ダカールラリー
ダカールラリー
シートへの改良の要望はどのように出されているのですか?

菅原 照仁様 毎年お正月の頃にダカールラリーが開催されます。そこで2週間使った後に、ここが良かった、ここが良くなかったということをタチエスさんに伝え、改良を加えてもらい次年のレースに備えます。要望の内容は、主に肌に触れる部分などの細かい部分が多いですね。

前回は、夏にモンゴルでのレース(ラリーモンゴリア)に出たので、その時のフィードバックをシート改良につなげることができ、ダカールラリーまでのテスト走行も兼ねることができました。国内では走る場所がなく、基本的に練習はできないので、貴重な機会となりました。

菅原 義正様 実は、数年前からタイヤも横からの重力に強いものに変えているんです。そうすることで、カーブでの踏ん張りが効くようになります。それに合わせてシートも、重心を低くするなど改良してもらっています。レースを重ねるうちに、シートに対する要求もどんどん変わっていきますね。それは、レースに対する執念からくるものでもあります。
私にとって自動車レースは「極めたいが極められない」という、生涯完結することのない永遠のテーマ。それでも、完結を目指して挑戦し続けたいと思っています。

PROFILE

菅原 義正  

菅原 義正様

  • 日本レーシングマネージメント株式会社
  • 取締役会長
[ すがわら よしまさ ]1941年5月31日生まれ、北海道小樽市出身。多数の国内レース出場経験、サハラ砂漠横断などの冒険行を経て1983年(41歳)にオートバイでパリ・ダカールラリーに初出場。トラック部門総合準優勝6回、排気量10リットル未満クラス優勝7回の実績を持つ。連続出場記録35回は大会最多。「ダカールラリー史上最多連続完走20回」「同史上最多連続出場34回」の世界記録についてギネスブックの認定を取得(2017年)した。
菅原 照仁  

菅原 照仁様

  • 日本レーシングマネージメント株式会社
  • 代表取締役社長
[ すがわら てるひと ]1972年7月13日生まれ、東京都港区出身。菅原義正の次男。1998年のダカールラリーにメカニックとして初参戦し、翌年からは父・義正のナビゲーターを担当。同時に国内オフロードレースやラリーモンゴリアなどで経験を重ね、2003年のファラオラリー(エジプト)ではトラック部門総合優勝を飾る。ダカールラリー2005年大会からは親子二代の2台体制による参戦を開始し、2007年には排気量10リットル未満クラスで初優勝。2018年大会では同クラス9連覇を達成した。

contents