ホーム > 製品とモノづくり > モノづくり体制

モノづくり体制

タチエスのモノづくり体制

タチエスでは、自動車やシートに関する将来トレンドの分析、将来製品の企画構想、デザイン開発、技術開発、生産技術などの先進機能が一体となり、未来の魅力商品の創出や、当社オリジナル技術・工法開発など、先行開発、将来技術開発に取り組んでいます。

当社の基幹事業である量産シートでも、得意先のご要望をもとに、シートの詳細仕様の企画、設計、実験、試作などの製品開発から、調達、物流や生産準備、品質管理、生産、納品まで、シートに関わる各機能が一体的に開発を進めて効率化をはかる、サイマルテニアス エンジニアリング体制による開発を進めています。高品質で、低コストな魅力商品で、「世界のお客様へ感動をお届けすること。」を目指し、グローバルシートシステムクリエイターとして、開発から生産までの一貫体制で、タチエスのモノづくりに取り組んでいます。

モノづくり体制

モノづくり体制

先行開発・将来技術開発

将来の車両用シートに適用する技術、製品及びデザイン(意匠)を開発しています。開発テーマとしては、新しい発想から生み出されたアイデア製品や、新たな技術開発を伴う開発などがあります。
独立系サプライヤーとして、独自に開発テーマを企画しています。
開発活動においては、表皮・ウレタン・樹脂・鉄鋼といった材料、機構・装備・電装といった要素、安全性・快適性などといった性能、これらの技術の蓄積をベースに、新しい製品、技術を開発していきます。
  先行開発・将来技術開発
営業・マーケティング  

営業・マーケティング

新車種受注へ向け、得意先が要望する新車のコンセプトや開発日程、量産車の販売計画などの情報をその内容に応じて国内外の関連部署・グループ会社に発信し、グループ全体の力を集結させ最高のパフォーマンスを発揮することで受注獲得に結びつけます。

設計

仕事の流れは、受注展開(営業)により、計画図(レイアウト・外形・部品)~詳細設計~試作~実験のサイクルを回して量産図発行となります。
開発の仕方はCADデータによる作図・仮想実験(CAE)・仮想組立をフルに活用。設計審査(DR)を経て量産出図となります。
出図後は“モノづくり”の部署に移行しますが、確認イベントのフィードバックなど関係部署との連携は欠かせません。
  設計
試作・評価  

試作・評価

設計初期段階で量産に向けた設計品質の早期改善を目的に、関係部署が試作検討エリアに集結し、シートの生産性や品質について評価を行っています。
そこで抽出された課題に対して、関係部署が知恵を出し合い、改善活動を行っています。