ホーム > 株主・投資家の皆様へ > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

当社は、株主・投資家の皆様の期待に応えるべく、公正かつタイムリーな情報開示を通じて、社会的信頼の向上と企業活動への理解促進に努めます。

2.情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法等の関係法令及び東京証券取引所の「適時開示規則」に従って情報開示を行うとともに、上記に該当しない場合でも、当社を理解していただくうえで必要又は有用と当社が判断した情報についても自主的に開示を行います。

3.情報開示の方法

会社法、金融商品取引法等の関係法令に従う書類は適切な方法により公開し、開示後は速やかに当社ホームページにも同一の資料を掲載いたします。また、東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報の開示についても、同規則に従い、同取引所が提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」にて公開し、開示後は速やかに当社ホームページにも同一の資料を掲載するとともに、適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により公開します。

4.インサイダー取引の未然防止

当社は、重要情報の適切な管理及び株式等の売買等について遵守すべき基本事項を社内規定に定め、役員及び従業員全員への周知徹底と理解啓発を促進しインサイダー取引を未然に防止します。

5.沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するために、各四半期決算発表予定日前の一定期間を「沈黙期間」とし、この期間は業績に関するコメントやお問い合わせに関する一切のコメントを控えます。ただし、当該期間中に「適時開示規則」に該当する重要事実が発生した場合には、適宜その情報開示を行います。

6.未公表情報の取扱い

証券アナリスト・機関投資家等との個別ミーティングで公開する内容は、既に開示された事実、周知の事実、一般的なビジネス環境等の情報に限ります。また、未公開の重要事実については言及しません。

7.業績予想及び将来の見通しについて

当社が発表する資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しであり、不確実性やリスクを含んでおります。実際の結果は様々な要因によって見通しと異なる可能性があることをご了承ください。

8.IR活動のスポークスパーソン

情報の正確性及び開示の公平性を確保するために、当社が行うIR活動は、代表取締役、IR担当役員及びIR担当者をスポークスパーソンとして行います。原則、スポークスパーソン以外の役員及び従業員がIR情報の提供を行うことはいたしませんが、必要に応じ他の役員や従業員に委任することがあります。